CFD取引のはじめ方

2.CFD取引業者の選び方

CFD取引を始めるにあたっての最初の重要ポイントは、CFD取り扱い業者の選定です。いくつもあるCFD取り扱い業者から自分にフィットする相性の良い業者を選ぶことが、CFD取引成功への重要な要素となります。

CFD取引のメリットに、何千種類もの取引可能銘柄(CFD商品)がありますが、これらすべてのCFD商品を各CFD取り扱い業者が扱っているわけではなく、それぞれのCFD取り扱い業者は、CFD商品を絞り込み、また、自社が得意とする分野も異なります。数種類のCFD商品に限定して取引を行う業者も存在します。
そうであるならば、取引できるCFD商品銘柄が多い業者を選択した方が、選択の幅が広がって得だとお考えの方も多いのではないでしょうか。
しかし、CFD商品の取り扱い種類が多いことは、管理場面が複雑になり、見慣れないアルファベット表記やコード表示で、CFD取引初心者には、とても管理できないといった感じになります。事実これにめげてCFD取引を断念した方もいます。
そこで、推薦するCFD取引業者の選び方の基準は、自分のやってみたいCFD商品をそのCFD取扱業者が扱っているか否かで行います。また、先述しましたが、取引画面が自分にとって見やすく、操作しやすいか否かも重要なCFD業者選定基準です。意外に、よく言われるスプレッドや証拠金の額は、CFD取引業者間で大差ないので、CFD取り扱い業者選定の際には、それほど重要でなく、CFD取り扱い業者の選択に当たって何より重視することは、その業者が提供するシステムの操作が単純明快で分かり易く、自分と相性が良いことです。
更に、CFD取り扱い業者選定には、CFD商品のラインナップを考慮します。何故なら、世界の市場状況について、例えばニュースやネット情報で、上昇材料や下降原因となる情報を入手した際には、これらの情報に応じて取引を変えなければなりませんが、多くの商品を取り扱うCFD取引業者に口座を開設していれば、これらのリスクやチャンスに迅速に対応できます。
FXを始めたいという方は、初心者のためのFXもご覧ください。