CFD取引のはじめ方

23.資産運用における3つの重要分析

CFD取引を含めた資産運用の際には、取引銘柄の選択や資産投資後の売買のタイミングが重要です。その分析を行う代表的な指標となるのもが、「市場分析」「ファンタメンタルズ分析」「テクニカル分析(株価チャートなど)」の3つです。
市場の大きな流れを掴んで、個々のファンダメンタルズとテクニカル分析を駆使して、CFD取引で如何に利益を上げるかが腕も見せどころとも言えます。

しかし、投資初心者にとっては、これらの分析方法をバランスよく組み合わせて観ることができず、例えば株価チャート等のトレンドだけを投資基準としている人も多く見受けられますが、株価の流れに確実な流れがあるとは限りません。確実な流れが有るとすれば、その流れを知るものは、常に莫大な利益を得ることになりますが、そんな話は聞いたことがありません。
そこで、以上3つの分析観点を総合的に理解して、自分の投資スタイルを確立することが重要です。
例えば、デイトレードで利益を追求する投資家でも、ファンダメンタルズ要因をその都度考慮して売買と行う事は至難の業と言えます。CFD取引等の投資はギャンブルではないので、日頃から市場の動きを良く見つめ、また、投資環境は如何なる状態かといった視点から、市場や金融状況等をよく観察して、いわゆる投資センスを磨かなくてはなりません。
以上のような視点で経験を積めば、市場の流れを何となく感じてくるようになります。その時、肌で感じた売り買いの投資機会を掴むことも多くなると思います。

資産運用の際にこれらの分析を行わなくても、CFD取引をはじめとする投資活動はもちろんできますし、また、いわゆる勘に頼ったビギナーズラックもあることでしょうが、この幸運は続きません。CFD取引についても、経済・政治・社会情勢の大きな観点から考えた値動きの予測を立てる必要があります。
特に、比較的短期のCFD取引で利益を望む投資スタイルの方は、表面に現れる事象の中にある、その事象を引き出す、ファンダメンタルズの要因を分析する必要があります。