CFD取引のはじめ方

28.デモ取引の実践

CFD取引を開始するためには、CFD口座の開設審査を通過することが必要ですが、開設申し込みから実際に取引までに期間は、少なくとも2週間以上はかかります。
1か月ぐらいかかることもあります。
この期間に実践することは、CFD取扱い引業者が提供するデモトレードを十分行う事です。このシミュレーショントレーを行う事で、実践に自信を持って臨むことが出来るようになります。
CFD取扱い業者の中には、このデモトレードを義務付けている所もあります。デモトレードは、気を抜かず本番のつもりで臨む必要があります。たとえ審査のためであっても、実際に取引している気構えで行ってください。このトレードを通して、CFD特有の用語やトレードシステムを理解してください。

また、これと並行して実践すべきことは、資産運用の知識を自分の得意分野や興味に従って理解していくことです。
CFD取引は、運だけのギャンブルではなく、“投資”なので、以上のような投資運用の知識が有ればそれだけ、勝つチャンスも大きくなると考えられます。更に一歩進んで、自分なりの投資スタイルといったものが確立できればベストです。
CFD取引で成功を収めている人たちは、他の投資家と同様に、資産運用に関する勉強続けています。

資産運用は偶然性に頼らず、市場分析やファンダメンタルズ分析、また、テクニカル分析等を駆使して行うべきです。
自分の得意分野を見つけ、たとえばそれが鉄鋼業界なら、国内外の鉄鋼メーカーの情報を徹底的に調査・分析し、自信を持って取り引きすることが重要であると考えます。
以上のよう知識の習得と理解が1番進むのは、デモ取引期間中であるとも言えます。
他の投資と同様に、CFD取引でも、情報収集とその分析が重要で、デモトレードの段階で、しっかりとトレーニングを積んでおけば、実践で良い結果が得られる可能性は確実に上昇します。野球のようなスポーツでも、キャンプでの実践トレーニングが成功した選手は、本番になってもよい結果を出す選手が多いのです。