CFD取引のはじめ方

33.IGマーケッツ証券CFDの特徴

IGマーケッツ証券は、CFD取引の発祥地であるイギリスの金融投資グループであるIGの日本法人証券会社です。このグループの扱うCFD取引高は世界最大であり、また、世界14カ国で活動しています。そこで、グローバルな視点で世界経済や商品の動きを観たい方には、最適なCFD取り扱い業者と言えます。 また、IGマーケッツ証券の強みは、何と言ってもそのCFD銘柄の種類の多さと言えます。 日本や海外株式をはじめとして、株価指数、株価指数先物、商品、商品先物(石油や貴金属、各種穀物)と言う幅広い商品ラインナップを有し、CFD商品の種類いにおいては、他を圧倒しているとも言えます。IGマーケッツ証券が提供するCFD銘柄は、約7000種類に及びます。 ここ結果、CFD投資家は、自分の興味や知識のあるCFD取引を選ぶことができます。 更に、IGマーケッツ証券でCFD取引を行った投資家が口を揃えて評価するのが、各種取り引きツールの充実です。取り引きツール(PureDeal)は、日本の多くのCFD業者にみられる借り物ではなく、CFD取り引き業者の老舗としての経験に裏打られて進化した、とても操作性良いツールと言えます。 この取り引きツールを開けば、トレーダーによる世界市場の速報コメントや世界最大級の情報商社であるロイター通信のニュース、また、初心者でも使い勝手の良いインターフェイス機能を有するチャートも観ることが可能です。 CFD取引を行う者にとっての不安は、必ずしも狙った価格で約定できないという点があります。この結果、自分にとって不本意な価格で約定してしまう事も多いと言えます。そこで、この投資リスクを抑えるには、約定率を高めることが必要です。 この点、IGマーケッツ証券のCFD取引では、約定率が98.5%と業界でも最高水準の約定率を示しています。これは、 IGマーケッツ証券は、今話題の「バイナリーオプション取引」サービスを日本国内で初めて買いしたCFD取り扱い業者としても知られています。 「バイナリーオプション」とは、特定の日時までに、マーケットがどう動くかを2者択一で予想する商品で、2者択一なので分かりやすく、リスクを抑制しながら短期間の取引で比較的大きな利益を得ることのできる可能性のある取引方法です。短期型投資を目指すトレーダーにとっては、IGマーケッツ証券が進めるこのバイナリーオプション取引の検討は、今後口座を開設しようとする投資家はもちろん、他のCFD取引業者に口座を持つ方に対しても、IGマーケッツ証券での口座開設の動機付けになると思われます。